2009年01月17日

バレンタインデーとは

バレンタインデーといえば、女性から男性へ心を込めてチョコレートをプレゼントする日ですよね。


片思いの相手がいる女性にとって、バレンタインデーは良いチャンスの日となるでしょう。
チョコレートだけでなく、彼の好みのプレゼントを一緒に贈っても良いですね。



女性にとって大切な日となるバレンタインデー、そもそもの由来は何なのでしょう。


バレンタインデーは、ローマカトリックの祭日でした。


3世紀、ローマでは兵士の結婚は認められていませんでした。


ですが「バレンタイン」司祭は、たくさんの兵士を結婚させていたのです。結果、バレンタインは処刑されてしまいます。


その殉教の日が2月14日だったのです。14世紀以降、毎年2月14日には男女が愛を告白するようになりました。


日本では、女性から男性へというのが一般的ですが、どうしてなのでしょう。


これは1936年、チョコレートブランドのモロゾフがバレンタインデーの広告を英字新聞に掲載したことが始まりだとされています。


戦争が終わり、昭和30年代にデパートが恋人にプレゼントをしよう、と宣伝し始め、1950年代になってから、現在の「女性から男性にチョコレートをプレゼントする」といった考えが浸透するようになりました。


チョコレートは普段あまり食べないから・・・という人でも、バレンタイン時期になると色々なチョコレートが店頭に並び、ついつい好きな相手に贈りたいなあ、彼と一緒に食べたいなあ、なんて考えてしまいますよね。


お菓子会社とデパート商戦から生まれたバレンタインデーですが、せっかくの楽しいイベントです。思いっきり楽しんでしまいましょう。
【関連する記事】
posted by you at 10:12| 知識・うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。