2009年01月17日

バレンタインにはチョコレート?

女性から男性へ、心をこめてチョコレートを贈る日である「バレンタインデー」。


もうすぐやってくるバレンタインデーについて、あれこれ計画をたてている人もいるのではないでしょうか。


一般的に、バレンタインデーに贈るプレゼント事情は、どのようになっているのでしょう。


バレンタインデーに贈るチョコレートには、「本命チョコ」だけでなく、「義理チョコ」がありますよね。

義理チョコの中でも、父親に贈る「親チョコ」、日頃お世話になっている人に贈る「世話チョコ」などそれぞれ呼び名があるようです。


義理チョコを贈る人はたくさんいるように思いますが、統計によるとチョコレートを贈る約80%の人が本命の相手だけに贈っているようです。義理チョコのみを贈っている人と両方贈っている人はそれぞれ約30%となっていますよ。


気になるのが、チョコレートの相場ですよね。


義理チョコレートの平均額は600円程度です。


本命チョコレートは、義理チョコレートの3倍の額で1500円程度となっていますよ。


本命チョコレートはデパートや百貨店で購入している人がほとんどです。


最近では義理チョコや本命チョコ以外にも「友(とも)チョコ」や「マイチョコ」と呼ばれるチョコレートもあります。


友チョコは、女性のお友達同士で交換するチョコレート、マイチョコは自分へのご褒美としてのチョコレートです。


友チョコの平均額は1000円程度、マイチョコの平均額は1200円程度だそうですよ。義理チョコレートよりもはるかに高い金額となっていますね。


もともと女性は甘いものが好きな人が多いため、バレンタインデーには特別に自分も高価なチョコレートを楽しみたい、と考える人が多いことが分かりますね。
ラベル:チョコレート
posted by you at 10:23| チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。